Archives / 3月 2016
個人輸入代行で買うミノサイクリンは潜伏期の菌を害す

ミノサイクリンは、個人輸入代行でも購入可能なミノマイシンと呼ばれる抗生物質に配合されている有効成分で主な作用は細菌が増殖する潜伏期に細菌が必要とするたんぱく質の生成を害するというものです。
細菌というのは人体の内部に侵入すると細胞に依存し細胞に送られてくる栄養素を奪い取ることで数を増やしていくという仕組みです。
こういった動きをする際にはたんぱく質が必要となります。
しかし、ミノサイクリンが作用することによりたんぱく質の生成を害するため潜伏期において増えるということがないのです。
増えるための栄養素が無くなるわけなので、当然数を増やすための潜伏期において増えることができなくなります。
ミノサイクリンの作用で増えることができなくなっているうちに寿命を迎え徐々に数が減少していくのです。
こういったミノサイクリンが持つ潜伏期の成長過程を害して衰弱させる作用を静菌効果ということもあります。
ウイルスに対して直接的に対処を行う殺菌は人体の細胞にまでダメージを与えてしまう恐れがあります。
ガンの治療を薬物を用いることで行うことと同様なので非常に負担が大きいと言えます。
ところがミノサイクリンが含まれているミノマイシンであれば即効性という観点からみると弱いとされるものの安全性と効果のつり合いがとれているとされているのです。
しかし、国内で個人的に手に入れるのは困難です。
病院で処方を受けると手に入れられるものの処方してもらえるのは、およそ2週間程度です。
病院に行く手間を無くしたかったり、多くの量を手にしたいという場合には個人輸入代行を利用すると良いでしょう。
使用量が1ヶ月分以内なら処方箋が無くても購入ができますし、一度個人輸入代行で購入すれば二度目からはスムーズに手続きが済ませられます。